40億近くのユーザーが4兆を超える経済を形成しているインターネット世界では、犯罪者が安いウェブサイトを簡単に作成し、身元を隠すことができるため、たやすくオンラインでの活動を行うことできます。これらの侵害者は、信用あるブランドを悪用する機会を常に狙っています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。無料でご相談に応じます。

お問い合わせ 

オンラインブランド監視と保護活動を組み合わせたオンラインブランド保護は、総合的なデジタル資産保護を目的に、CSCが企業に提供する製品やサービスの一部です。オンラインブランド保護は、ドメイン管理と同調して機能すると共に、ドメインポートフォリオの外にいる侵害者の活動を追跡します。

CSCのブランド保護を選ぶ理由とは?

CSCのオンラインブランドプロテクションサービスは、次のサービスによりお客様に大きなメリットをお届けしています。

  • お客様がブランド保護のあらゆる要素を安心してプロバイダーにアウトソーシングできるよう、当社各国事業所における多言語分析によりサポートする全サービス分析、保護および報告をお届けします。

  • それぞれのブランドの状況に応じて、モニタリング、分析、保護、報告サービスを構築します

  • 分析と保護には、カスタムワークフローを含む、業界トップクラスのオンラインポータルを提供します

  • ドメイン名、インターネット上の一般的なコンテンツ、マーケットプレース、Eコマースウェブサイト、ソーシャルメディア、モバイルアプリなどを含む関連インターネットリソースを対象とします

  • 侵害案件はそれぞれ異なるため、コンサルティングに基づいてアプローチを選択します

  • 主なオンラインサービス企業、レジストラ、インターネットサービスプロバイダー(ISP)、法執行機関と協力関係を維持し、業界トップクラスの保護プロセスを各国の言語でお届けして、迅速にコンプライアンスを実行します

オンラインブランド保護
オンラインブランド保護

DISCOVERY ENGINE

CSCの占有ツールDiscovery Engineプラットフォームにより、ドメイン名、インターネットコンテンツ、ソーシャルメディア、モバイルアプリを一つの環境で監視できます。この技術は、コンテキストベースのコンテンツマッチシステムで構成され、お客様のブランドや関連するロゴ、キーワードのオンラインにおける使用を特定します。

Discovery Engineの主な機能:

  • キーワードのカスタマイズとコンテキストベースのマッチングを可能にする、ルールベースのアプローチ

  • カスタマイズしたデータ表示とワークフローを可能にする強力なシステムインフラ

  • 関連度による自動事前カテゴリ分類

  • ウェブトラフィックメトリクス、キャッシュHTML、ウエブサイトのホスティング情報、WHOIS情報へのアクセスなど、関連情報の自動収集

専門アナリストサービス

Discovery Engineプラットフォームのあらゆる結果を、インテリジェント分類システムを使用して絞り込み、分類し、お客様の優先度に応じて優先度付けします。これにより最適な精度と関連性を確保し、誤検出を最低限に減らします。最も精度の高い結果を提供するため、この優れた技術に加え、監視とインターネットからの侵害案件排除に長年携わってきたCSCの専門アナリストチームがサポートします。これらの専門アナリストは、優先度を判定して、主な侵害を抽出し、必要な保護を講ずると共にお客様に報告します。

オンラインブランド保護
当社のお客様

CSCのブランド保護製品のおかげで、自社の知的財産権侵害と著作権侵害を監視できるようになり、保護プロセスも簡単になりました。

アラン・カラバルダク  |  CPAオーストラリア上席法律顧問

いつでもご説明いたします。

いつでもご説明いたします。

当社のスペシャリストが、ブランドや商標のオンラインブランド保護に関するお客様の疑問にお答えいたします。



Start eRecording Today

最大250文字。
*必須

電子メール配信を停止する方法