デジタル証明書は、ウェブページの認証や会社と顧客間の通信の暗号化を行うもので、インターネットビジネスを成功させる上で絶対に欠かせません。デジタル証明書の期限が切れたり、期限前に差し替えられると、脆弱性を招きサイバー犯罪に悪用される恐れがあります。

お問い合わせ

SSL有効期限切れ対策など、CSCのデジタル証明書管理と認証オプションについて説明をご希望の場合は、ぜひお問い合わせください。ご相談は無料です。

お問い合わせ 

Google® などのブラウザは認証をせずウェブページにマーク付けするため安全が確保されておらず、また増加するIoT機器も安全を確保するためには暗号化が必要です。そのため、今やデジタル証明書のニーズは爆発的に増加しています。

SSL証明書有効期限切れ

証明書有効期限切れを防ぐ

SSL証明書はサイバー犯罪を防ぐ第一歩であり、サイバーセキュリティにおける最良の策の一つです。デジタル証明書で保護されていないページでは閲覧者にエラーメッセージが表示され、情報流出の恐れがあることを知らせ、詐欺行為やなりすまし犯罪に警戒を促します。

その他のITサービスと異なり、自動更新のSSL証明書有効期限切れが起こると、必ず大きなリスクが発生します。デジタル証明書が失われると:

  • そのウェブサイトは安全でなくなります
  • 顧客にとって、ウェブサイトは使いにくいだけではなく危険になります
  • ショッピングカートは放棄に近い状態となります
  • 会社のブランドや信用が低下します
SSL証明書有効期限切れ
いつでもご説明いたします。

いつでもご説明いたします。

当社の専門家はデジタル証明書管理や認証方法について、いつでもお客様のご質問にお答えします。



Start eRecording Today

最大250文字。
*必須

電子メール配信を停止する方法