お客様のSIEMに存在するドメインセキュリティのリスクを今すぐ確認

CSCのドメイン名セキュリティインテリジェンスAPIにより、お客様の各種ドメインセキュリティインテリジェンス機能を、クラウドベースのセキュリティ運用管理プラットフォームにまとめることができます。これにより世界で初めて、あらゆる企業がファイヤーウォール外側にあるデジタル資産の各種セキュリティ管理を、セキュリティ情報イベント管理(SIEM)システムなど、自社のセキュリティ運用管理プラットフォームに統合できます。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。無料でご相談に応じます。

お問い合わせ 
ドメインセキュリティインテリジェンスAPI

この新しいソリューションにより、世界トップクラスのセキュリティ専門家、政府指導部、様々な企業の幹部は、現在のサイバー脅威に関する重要な課題に対処することができます。その課題の一つは、ドメイン名管理やDNS、デジタル証明書など、ファイヤーウォール外側に存在し深刻なセキュリティ盲点として両社から指摘されているデジタル資産の脆弱性です。

セキュリティインテリジェンスデータをすべて一か所に

サイバー犯罪者は、ドメインハイジャックやDNSハイジャックなどのサイバー脅威を、標的のドメイン名を使用するウェブへのトラフィックや電子メール、アプリ、その他サービスへの接続をリダイレクトするのために利用します。ほとんどの企業や組織における、DNSインフラの脆弱性悪用は、管理やプロセス、ポリシーの不備に起因しています。運用管理プラットフォームやSIEMを導入している場合、セキュリティ状況を一か所に表示し、ドメイン名やDNS、デジタル証明書の管理もできるようになります。このように状況把握を可能にすることで、企業や組織は、財務への影響や信用失墜、機密データ流出につながる事業の混乱を予測・低減することができます。

ドメインセキュリティインテリジェンスAPI
当社のお客様

今や顧客は、複数の様々なセキュリティサービスに対応しなければならず、「IT業者疲れ」を起こしています。CSCのAPIを導入しFireEye Helixセキュリティプラットフォームと統合することで、両社共通の顧客が一連のセキュリティ事案を監視することができます。DNSやドメイン名ハイジャックなどのリスクを検出すれば、企業のセキュリティ戦略に潜む盲点の大部分を取り除くことができます。さらに、セキュリティ運用プラットフォームで便利なセキュリティ状況を確認して警告を受信でき、最終的にはサイバー脅威に効率的に対処し、セキュリティ事案への対応時間も向上させることが可能です。

ショーン・モートン | FireEye顧客サービス部長

いつでもご説明いたします。

いつでもご説明いたします。

当社のスペシャリストが、ドメインセキュリティインテリジェンスAPIに関するお客様の疑問にお答えいたします。



Start eRecording Today

最大250文字。
*必須

電子メール配信を停止する方法