フィッシングメールは、会社データの漏えいやクレジットカード詐欺、なりすましを目的に現在でも最もよく使われる手口です。一人の従業員が偽メールの悪意あるリンクをうっかりクリックすることで、会社の全システムがダウン、会社や顧客を危険な状態に晒すことになります。会社の評判低下を招くだけでなく、EU一般データ保護規則(GDPR)などの政策により、法的措置や罰金が科されることも現実味を帯びてきました。

お問い合わせ

詳細は今すぐ当社にお問い合わせください。

お問い合わせ 

残念ながら、詐欺の手口は年々巧妙になり、コストも増加、発見も難しくなっています。会社はデータ漏えいや評判の回復に努めなければなりません。フィッシングメールや、ソーシャルメディア・ウェブサイトにおける同様の機能は、今やブランドや会社のセキュリティに対する最大の脅威と言っても過言ではありません。

フィッシングを回避するための従業員教育はその一歩ですが、デジタル資産を保護・検出・権利を執行するセキュリティには、効果的なポリシーと抜かりなく実行することが不可欠です。

フィッシング詐欺対策の詳細についてはこちらをご覧ください。

いつでもご説明いたします。

いつでもご説明いたします。

CSCのフィッシング詐欺対策サービスにより、攻撃や詐欺に対処、多くの場合阻止することができます。



Start eRecording Today

最大250文字。
*必須

電子メール配信を停止する方法