CSCの先進経営幹部

最善の対策ガイド

ドメイン セキュリティのチェックリスト Checklist

ドメイン セキュリティのチェックリスト Checklist

企業はセキュリティ体制の改善やリスク低減に多額の投資を行っている一方で、ドメイン名、DNS、デジタル証明書の安全が多くの企業で維持されてません。つまり事業を動かす基本的なインターネット資産の積極的かつ安全な管理に関しては、今も盲点となっているのです。

最善の対策ガイド

デジタル資産セキュリティ: 原点への回帰

デジタル資産セキュリティ: 原点への回帰

国際的なサイバー攻撃とデータ流出があらゆる方面から仕掛けられ、その数は増加の一途を辿り、オンラインでのブランド保護はどんどん困難になってきています。

最新のリスクに備えるにはどうすれはいいのでしょうか?デジタル資産セキュリティの原点に戻ることが大切です。

最善の対策ガイド

ファイヤーウォールを超えて: オンライン上の脆弱性や脅威を低減するために、DNS防御を実行

ファイヤーウォールを超えて: オンライン上の脆弱性や脅威を低減するために、DNS防御を実行

DNSは、インターネットを支える基本的なインフラであり、ユーザーを正しいウェブページへ導く役目を果たしています。DNSが停止すると、それに伴いウェブサイト、E メール、VoIP、社外の社員からのログインなども停止します。

最善の対策ガイド

セカンダリDNSサービスの事例

セカンダリDNSサービスの事例

これまで企業におけるセキュリティはオンラインの外縁 (つまりネットワーク境界線) が中心となっていました。マルウェアや危険因子をネットワークに入れなければ、データや事業を保護できるという考え方によるものです。

最善の対策ガイド

DNSセキュリティを強化する6つの方法

DNSセキュリティを強化する6つの方法

インターネットやドメインネームシステムつまりDNSの創設期は、利用者が教育機関や政府機関などに限られていました。そのため、当時は信用できるのが当たり前で、セキュリティなど考慮されたこともありませんでした。しかし世界中の誰もがユーザーである現在、DNSはサイバー犯罪者に最も狙われやすい標的の一つとなりました。

最善の対策ガイド

オンライン模倣品に奪われる市場: 家電製品

オンライン模倣品に奪われる市場: 家電製品

デジタル世界は拡大を続け、日常生活でも欠かせない存在となっている今、家電業界が築いてきた信頼が世界中で詐欺師に悪用され始めています。

このガイドでは家電製品の模造模倣品に関する状況を参考に、ブランドを脅威から守る4つの主なステップをまとめています。

ブランド保護、模倣、模倣対策、マーケットプレース監視、ブランド保護、オンラインブランド保護、最善の対策ガイド

最善の対策ガイド

新しいブランドの開発と立ち上げ

新しいブランドの開発と立ち上げ

新しいブランドの立ち上げや既存コンセプトのリニューアルを行う際は、初期段階からプロジェクト完了まで入念に作業を行う必要があります。プロジェクト進行中は、ブランドや製品が顧客にどう受け入れられるかを始め、変更の背景にある戦略やターゲット顧客層などが検討されます。

その中で、企業がどのデジタルブランドを所有しているのか、リニューアルがオンライン上でどのようにみられているかを忘れないことが重要です。オンライン事業からどう収益を上げるか、またブランド保護に必要なセキュリティ対策など、覚えておくべき最良の対策がいくつかあります。

ドメイン管理と戦略、ドメイン名管理、ブランド開発と戦略、ブランド立ち上げ、ステップバイステップガイド、最善の対策ガイド

報告書

サイバーセキュリティ報告書

サイバーセキュリティ報告書: 2019年10月

2019年10月にCSCが発行した「サイバーセキュリティ報告書」では、世界の政府向け防衛産業と、国家安全保障や市民の平和な生活を脅かすそれら企業を対象としたサイバー攻撃について主に解説しています。

インターネットの基盤を支えているのがドメイン名、DNSや証明書であり、それらが適切に管理されていないとこのインフラを必要とする重要なアプリやツール、システム、情報などが犯罪者の手に渡ってしまう恐れがあります。

サイバーセキュリティ、サイバーセキュリティ、DNS、DNSSEC、SSLフィッシング、CAAレコード、レジストリロック、レジストラロック、二要素認証、2FA、報告書

報告書

サイバーセキュリティ報告書

サイバーセキュリティ報告書: 2019年6月

世界中の企業にとって、デジタルインフラのセキュリティ確保が大きな関心事となっています。

最近CSCがメディア業界について行った調査によれば、世界的メディア企業の78%が大手ドメインレジストラを使用している一方で、DNSハイジャック防止のためにレジストリロックを導入している会社は37%に留まっています。

サイバーセキュリティ、サイバーセキュリティ、DNS、DNSSEC、SSLフィッシング、CAAレコード、レジストリロック、レジストラロック、二要素認証、2FA、報告書

注目のニュース

CSC

あなたのブランドを保護します!

ウェブサイト、オンライン広告、ソーシャルメディア、ビデオ、または、モバイルアプリであれ、ブランドは、オンラインプレゼンスを構成するデジタル資産に大きく依存するようになっています。それなのに、これらの資産を管理して安全を確保する方法に十分な注意が払われていないのはどうしてでしょうか?

プレスリリース

CSC

CSC は企業に対し、増加するDNSハイジャックについて警告

最新の攻撃被害から学ぶセキュリティのポイント。

論文

事業継続計画を長期間導入する場合の 5 つのセキュリティ上の盲点

事業継続計画を長期間導入する場合の 5 つのセキュリティ上の盲点

新しいコロナウィルスの発生(COVID-19)によって、中国本土および香港の多くの組織が事業継続計画(BCP)を導入しました。BCP(事業継続計画)の最も一般的な方法は、VPN を使用して安全なリモートアクセスを確保し、従業員が自宅から仕事ができるようにすることです。VPN はビジネスの世界で既に一般的に使用されていますが、エピデミックによって、影響を受けた地域のリモートアクセスの大規模で長期に渡るデプロイメントが急激に増加したことにより、組織が予期せぬリスクにさらされる可能性があります。

論文

評判の失墜における教訓: ブランド保護との適正なバランスを取る

評判の失墜における教訓: ブランド保護との適正なバランスを取る

2020 年 3 月初めに、広く知られているヨーロッパのファッションブランドがソーシャルメディア上で抗議キャンペーンの対象になりました。これは、ブランドがその他の小規模組織を標的としたケースの一例です。それでは、ブランド所有者は知的財産保護にどのように対応したら良いのでしょうか?