最新のリスクに備えるにはどうすれはいいのでしょうか?デジタル資産セキュリティの原点に戻ることが大切です。弊社作成の詳細手引きデジタル資産セキュリティ:原点への回帰をご参照ください。ポイント:

  1. そして自社のデジタル資産を把握、特定し、適切に管理する。

  2. 業務上の問題が発生したらその問題点を理解し、適切な計画を立てる。

  3. 最後にROIを最適化し、重要なものとそうでないものを区別することが重要です。

  4. デジタルの様々な脅威から防御する。

また、次の事項についても説明してます。

  • 最も一般的な脅威に関する説明

  • 会社の防御に役立つチェックリスト

  • セルフチェックすべき事項

この資料をダウンロード



Download this CSC Resource

*必須

電子メール配信を停止する方法

その他の資料

最善の対策ガイド

新しいブランドの開発と立ち上げ

新しいブランドの開発と立ち上げ

新しいブランドの立ち上げや既存コンセプトのリニューアルを行う際は、初期段階からプロジェクト完了まで入念に作業を行う必要があります。プロジェクト進行中は、ブランドや製品が顧客にどう受け入れられるかを始め、変更の背景にある戦略やターゲット顧客層などが検討されます。

その中で、企業がどのデジタルブランドを所有しているのか、リニューアルがオンライン上でどのようにみられているかを忘れないことが重要です。オンライン事業からどう収益を上げるか、またブランド保護に必要なセキュリティ対策など、覚えておくべき最良の対策がいくつかあります。

ドメイン管理と戦略、ドメイン名管理、ブランド開発と戦略、ブランド立ち上げ、ステップバイステップガイド、最善の対策ガイド

報告書

サイバーセキュリティ報告書

サイバーセキュリティ報告書: 2019年6月

世界中の企業にとって、デジタルインフラのセキュリティ確保が大きな関心事となっています。

最近CSCがメディア業界について行った調査によれば、世界的メディア企業の78%が大手ドメインレジストラを使用している一方で、DNSハイジャック防止のためにレジストリロックを導入している会社は37%に留まっています。

サイバーセキュリティ、サイバーセキュリティ、DNS、DNSSEC、SSLフィッシング、CAAレコード、レジストリロック、レジストラロック、二要素認証、2FA、報告書

注目のニュース

CSC

あなたのブランドを保護します!

ウェブサイト、オンライン広告、ソーシャルメディア、ビデオ、または、モバイルアプリであれ、ブランドは、オンラインプレゼンスを構成するデジタル資産に大きく依存するようになっています。それなのに、これらの資産を管理して安全を確保する方法に十分な注意が払われていないのはどうしてでしょうか?