CSCが選ばれる理由

デジタルの脅威

企業セキュリティリスクの管理と低減は、益々難しい問題になっています。各国の政府機関は企業に対し、ドメイン名やDNSハイジャックなどのサイバー脅威を低減する措置を取るよう要請しています。

CSCがお助けしますこちらをクリック

ドメインセキュリティ把握

0%

レジストリロック未設定

0%

DNSSEC未設定

0%

CAAレコード未設定

0%

電子メール認証に
DMARC
未設定

詳しくはCSC発行の最新版サイバーセキュリティレポート - 2019年10月

業種別フィッシング活動

業種別
フィッシング活動

34%
SaaS とウェブメール
19%
金融機関
13%
決済
6%
ソーシャルメディア
5%
eコマースとリテイル
4%
クラウドストレージとファイルホスティング
15%
その他

出典: APWG報告書

0%

発見されたフィッシングサイトの増加
APWG報告書

$0

世界における商取引の(3.3%)が模倣品と偽造品
経済協力開発機構の最新調査

$0

報告されたサイバー犯罪(2015年から171%増)
Statisa社の最新報告書

総合的な統合ソリューション

当社はドメイン名事業に変革を起こしました。世界トップのドメイン名レジストラであり、情報セキュリティ企業のCSCは、最も革新的な次世代型のドメイン管理とセキュリティを、オンラインブランド保護と詐欺対策と組み合わせて提供する唯一の会社です。

ドメイン管理とセキュリティ

お客様のドメインポートフォリオ、DNS、デジタル証明書を安全に保って管理。

詳細を見る こちらをクリック

ブランド保護

あらゆるオンライン経路において、お客様のブランドの不正利用を監視・検知して保護。

詳細を見る こちらをクリック

詐欺からの保護

フィッシング詐欺攻撃や電子メール詐欺から保護。

詳細を見る こちらをクリック

お客様の声

お客様との絆が強まれば強まるほど、ウィンウィンの取引関係が構築できることはよく知られています。急速に変化するデジタル世界において、CSCは世界のどこであろうと、お客様にしっかりと寄り添い、問題解決と企業リスクマネジメントのお手伝いをしています。

当社のお客様

ルノーグループはCSCを推薦

ルノーグループは、創業から115年の歴史を持つフランスの国際企業です。128か国に拠点を持つルノーグループは、自家用車および商用車を、ルノー、ダチア、ルノーサムスンモータース、アルピーヌ、ラダの5つのブランドで設計、製造、販売しています。

資料とニュース

最善の対策ガイド

ファイヤーウォールを超えて: オンライン上の脆弱性や脅威を低減するために、DNS防御を実行

ファイヤーウォールを超えて: オンライン上の脆弱性や脅威を低減するために、DNS防御を実行

DNSは、インターネットを支える基本的なインフラであり、ユーザーを正しいウェブページへ導く役目を果たしています。DNSが停止すると、それに伴いウェブサイト、E メール、VoIP、社外の社員からのログインなども停止します。

最善の対策ガイド

デジタル資産セキュリティ: 原点への回帰

デジタル資産セキュリティ: 原点への回帰

国際的なサイバー攻撃とデータ流出があらゆる方面から仕掛けられ、その数は増加の一途を辿り、オンラインでのブランド保護はどんどん困難になってきています。

最新のリスクに備えるにはどうすれはいいのでしょうか?デジタル資産セキュリティの原点に戻ることが大切です。

報告書

サイバーセキュリティ報告書

サイバーセキュリティ報告書: 2019年10月

2019年10月にCSCが発行した「サイバーセキュリティ報告書」では、世界の政府向け防衛産業と、国家安全保障や市民の平和な生活を脅かすそれら企業を対象としたサイバー攻撃について主に解説しています。

インターネットの基盤を支えているのがドメイン名、DNSや証明書であり、それらが適切に管理されていないとこのインフラを必要とする重要なアプリやツール、システム、情報などが犯罪者の手に渡ってしまう恐れがあります。

サイバーセキュリティ、サイバーセキュリティ、DNS、DNSSEC、SSLフィッシング、CAAレコード、レジストリロック、レジストラロック、二要素認証、2FA、報告書