絶えず進化するサイバーセキュリティ脅威から身を守るため、企業はセキュリティソリューションへの投資を大幅に増加させている一方で、今も脆弱な状態のままです。企業ドメイン名、ドメイン名システム(DNS)そしてデジタル証明書への攻撃や侵害は頻度を増し、一層巧妙かつ深刻になっています。これらはいずれも、ウェブサイトや電子メールなど、会社が事業を行う上で最も重要なソフトウェアを構成する不可欠な要素です。これらが侵害されると、サイバー犯罪者がウェブサイトをリダイレクトして利益を搾取、電子メールを傍受して機密情報を盗難、またログイン情報を盗んでネットワークに侵入できるようになります。

このレポートでは、フォーブス誌「グローバル 2000」ランクイン企業のドメイン名セキュリティ状況を分析し、うち 83% の企業がレジストリロック手順など基本的なセキュリティ対策を導入していないため、ドメイン名ハイジャックの被害を受けるリスクが高いことが分かりました。

産業全体または世界全体の導入率と比較し、対策が進んでいる業種や地域、また企業が当社の推奨対策を基に有効な対策を導入する方法について、レポートでご覧ください。

この資料をダウンロード



Download this CSC Resource

*必須

電子メール配信を停止する方法

その他の資料

最善の対策ガイド

ドメイン セキュリティのチェックリスト Checklist

ドメイン セキュリティのチェックリスト Checklist

企業はセキュリティ体制の改善やリスク低減に多額の投資を行っている一方で、ドメイン名、DNS、デジタル証明書の安全が多くの企業で維持されてません。つまり事業を動かす基本的なインターネット資産の積極的かつ安全な管理に関しては、今も盲点となっているのです。

最善の対策ガイド

ファイヤーウォールを超えて: オンライン上の脆弱性や脅威を低減するために、DNS防御を実行

ファイヤーウォールを超えて: オンライン上の脆弱性や脅威を低減するために、DNS防御を実行

DNSは、インターネットを支える基本的なインフラであり、ユーザーを正しいウェブページへ導く役目を果たしています。DNSが停止すると、それに伴いウェブサイト、E メール、VoIP、社外の社員からのログインなども停止します。

最善の対策ガイド

デジタル資産セキュリティ: 原点への回帰

デジタル資産セキュリティ: 原点への回帰

国際的なサイバー攻撃とデータ流出があらゆる方面から仕掛けられ、その数は増加の一途を辿り、オンラインでのブランド保護はどんどん困難になってきています。

最新のリスクに備えるにはどうすれはいいのでしょうか?デジタル資産セキュリティの原点に戻ることが大切です。