ランサムウェア攻撃、ビジネスメール詐欺(BEC)など、ほとんどのサイバー攻撃はフィッシングから始まります。ランサムウェア攻撃の初期段階では、フィッシングが出発点となるのです。ランサムウェアによる被害は今や、年間数十億ドルに上りますが、ほとんどの対ランサムウェア保護と対応策は、フィッシングリスクに対して適切に対応できていません。

定評のある調査によれば、フィッシング攻撃は通常、悪意に基づき登録された紛らわしいドメイン名や、乗っ取られた正規ドメイン名、あるいはなりすましメールなどを通じて行われます。エンタープライズクラスのドメインレジストラを利用することで、こういったリスクを回避することができます。

この資料をダウンロード



Download this CSC Resource

*必須

フィールドは空白のままにできません。すべてのフィールドに入力してください。
フィールドに使用できない文字を含めることはできません。
電子メールアドレスは有効な形式でなければなりません。
メールアドレスはビジネス用メールアドレスである必要があります。

電子メール配信を停止する方法

CSC のマーケティング電子メールは、eニュースレターなどの情報、イベントへの招待、および、その他の類似コンテンツで構成されます。本サービスはいつでも停止できます。CSC まで書面(宛先住所 251 Little Falls Drive, Wilmington DE, 19808-1674 Attn: Records Department)、または、電話(電話番号 1-866-403-5272)でご連絡ください。

注意 – 本レポートをダウンロードした後に、当社のサービスについての情報を受け取ることがあります。各メールにはこのようなメールの受信をオプトアウトするリンクが含まれており、ユーザーはいつでも登録解除できます。

その他の資料

レポート

Domain Security Report 2021

ドメインセキュリティ報告書 2021 年版

サイバー犯罪の増加に伴い、2021 年は企業がランサムウェア攻撃、ビジネスメール詐欺 (BEC)、フィッシング攻撃、サプライチェーン攻撃、オンラインブランドや商標の乱用などの被害に遭うケースが増加しています。

Brand protection, anti-counterfeit, counterfeit, e-commerce

レポート

Domain Registrar Selection: A Key Indicator of Overall Organization Security

2年に渡る分析:新型コロナ感染症がインターネットのセキュリティと安全性に与える影響

本レポートの調査結果は、当社が新しく立ち上げたDomainSec SMプラットフォームを使用して、持続的なブランド侵害のパターンや行動を基にブランドや消費者に対する脅威に関して、約50万件の新型コロナ関連ウェブドメインを分析したものです。

プレスリリース

Domain Security Report 2021

CSCの調査により、2020年以降に作成された約50万件のCOVID関連ウェブドメインに、持続的なブランド侵害があることが判明

本レポートの調査結果は、CSCが新しく立ち上げたDomainSecSMプラットフォームを使用して作成されました。本プラットフォームは、世界のドメインエコシステムをクラウド上で分析し、主要ブランドに対する潜在的な脅威を特定します。

Brand protection, anti-counterfeit, counterfeit, e-commerce